他の法律関係資格との兼ね合い

弁護士の資格を持っている人は、司法書士や行政書士、社会保険労務士や海事代理士といった職務も行う事ができます。弁理士や税理士の職務についても、弁護士法上行うことができます。しかし公認会計士や土地家屋調査士の業務については行う事ができません。

資格登録という点においては、弁護士の資格があれば、弁理士、税理士、行政書士、社会保険労務士、海事補佐人の資格登録が可能です。しかし司法書士や海事代理士については、弁護士であるという理由で資格登録をすることができません。

▲トップへ戻る

なぜなに札幌

Copyright (c) 2009- 弁護士 All Rights Reserved.