弁護士による業務の独占

弁護士の資格を持っていない人が、「自分が弁護士である」と名乗ったりすることは、弁護士法によって禁じられています。これは名称独占と呼ばれています。
弁護士は、

が可能です。法律の専門家として刑事、民事、企業法務案件のすべてに対応ができるのは弁護士だけなのです。損害賠償請求の業務についても、行えるのは弁護士だけです。例えば、相手と揉めているような離婚問題については、弁護士にしか取り扱えません。交通事故でも同様で、相手方の損害保険会社と交渉できるのは弁護士のみです。

▲トップへ戻る

なぜなに札幌

Copyright © 2009 弁護士 All Rights Reserved.