弁護士となり得る者

弁護士になろうと思っても、誰もがすぐになれるわけではありません。弁護士になるためには試験に合格したりする必要があります。以下では弁護士になるための方法について解説いたします。

弁護士になるためには「司法試験」を受ける必要があります。しかしこの司法試験は誰でも自由にいつでも受けられるというものではありません。まず司法試験を受けるための資格を得る所から始めなければならないのです。司法試験の受験資格を得るための方法について以下で解説いたします。

法科大学院への入学

司法試験に至るまでの一般的な道筋が、この法科大学院への入学です。法科大学院で法律の事や、実務などについて学びます。

予備試験を受ける

法科大学院にまで行っていると時間もかなりの期間が必要となってしまいます。また費用的な面でも経済的に通うのが難しいという方もいらっしゃいます。そのための救済措置として「予備試験」というものがあります。これに通過することができれば、法科大学院を卒業しなくても司法試験を受けることができるようになります。

以上のように法科大学院で学ぶか、予備試験を受けることで司法試験の受験資格を得ることができます。法科大学院に行くよりも予備試験を受けた方が手軽でかつ費用も安く済むというイメージがあるかもしれませんが、予備試験の合格率は低く、かなり狭き門のなっているのが実際のところです。そのため、ほとんどの場合は法科大学院へ行くのが一般的な方法となっています。

そしていよいと司法試験を受けることになるわけですが、司法試験はは短答式の試験と論文式の試験があるため、それをクリアする必要があります。そして司法試験に合格したら、「司法修習」という研修を受けることになります。

司法修習を一年間ほど、行ったら晴れて弁護士になることができます。

▲トップへ戻る

なぜなに札幌

Copyright © 2009 弁護士 All Rights Reserved.