日本の弁護士制度

以下本稿では戦後日本における弁護士制度について述べる。

日本は第二次世界大戦でポツダム宣言を受諾し無条件降伏をした後、進駐軍という名の占領軍が支配する中、日本国憲法が公布・施行され、憲法改革に関連して司法制度の改革も課題となりました。その中で弁護士法の改正も弁護士側からの強い要望ですることになったのです。
まず、新たな弁護士法の施行に備えて全国の弁護士会の間で日本弁護士連合会の設立が準備されていきます。1949年に東京にて全国弁護士会総会が開催され、日本弁護士連合会の設立、日本弁護士連合会会則制定等が決定されました。弁護士は白、検察官は赤、裁判官は紫という色分けで法服が存在していましたが、戦後まもなくして法服は廃止されバッジへと変化。民主主義化の傾向とともに日本の弁護方式もアメリカ式へと移行しました。

▲トップへ戻る

なぜなに札幌

Copyright (c) 2009- 弁護士 All Rights Reserved.